夫婦

生活習慣で冷え性は改善できる|血液の流れを良くする方法

豊富な栄養素

ドリンク

病気を防ぐ効果も

ケールという野菜のことを知っている方は多くいらっしゃると思います。ケールが健康に良いということはよく知られていますが、具体的にどのような効果があるのでしょうか。ケールとは、アブラナ科の野菜で、キャベツの一種です。生命力が強いので、年間を通して栽培が可能な野菜です。栄養価が高く、ビタミンA、ミネラル、カルシウム、葉酸、食物繊維、タンパク質などが多く含まれています。ケールは、がんを抑制する効果がある野菜だと言われています。さらに、便通を整えたり、糖尿病や動脈硬化といった病気を防ぐ効果も期待できます。ケールは青汁の原料として使われているので、ケールが手に入らない時には、青汁でケールの栄養を摂取することができます。

飲みやすくするには

青汁には、体に嬉しい効果がたくさんありますが、飲みにくいという印象を持っている方も多いことと思います。しかし、最近では、飲みやすい青汁もたくさんありますし、少し工夫することで普段よりも美味しく青汁を飲むことができます。まずは、牛乳を混ぜて飲むという方法です。牛乳を混ぜることで、青汁の苦味が少なくなります。牛乳ではなく、豆乳でも代用できます。また、野菜ジュースやフルーツジュースを混ぜると、口当たりがすっきりします。苦味が苦手な場合は、はちみつや黒蜜を、青臭さが苦手な場合は、レモンなどの果物を入れると飲みやすくなります。青汁は飲みすぎてしまうと、便秘の原因になることもあるので、適度に飲むことが大切です。